FX スマホ

モバイル取引のレベルチェックも重要

MENU

モバイル取引のレベルチェックも重要

モバイルブロードバンドの発展と高機能デバイスの急激な普及により、FX取引もパソコンだけではなくスマートフォンやタブレットで取引するのが既にあたりまえの状況となってきています。

 

以前であればケータイでFXの売買取引するというのは接続環境のレベルの低さからかなり不安の残るものでしたが、現在ではモバイル環境であってもブロードバンドの接続環境が飛躍的に向上したため、パソコンとなんの遜色もなくリアルタイムで取引することができるようになっています。

 

 

 

新規に口座開設される若いトレーダーの方々は、PCではなくスマホやタブレットだけを使って売買されるケースも多くなってきていますので、

 

モバイル環境でどれだけスムースに取引できるかが業者選択の大きなポイントになってきているのです。

 

こうした状況の変化からFX業者もiPhone, iPad, Androidなど主要なデバイス用のアプリケーションを用意してくるようになってきており、殆どの業者でモバイルによる取引が可能になっています。

 

 

モバイルユーザビリティは玉石混交

ただ、その一方で、実際に使ってみますとパソコンでは非常にユーザビリティが高められているものが多いのにも係わらず、モバイル用のアプリになると急激にそのレベルが落ちてしまい、操作性の悪いものも多く見られるようになっているのが現状でモバイルアプリが提供されているから簡単に使えると考えるわけにいかなくなっているのです。

 

こうしたアプリを利用してみるためには、やはり口座開設をしてみて実際に使ってみて納得することがきわめて重要になります。複数の口座を開設してこうしたアプリを使いくらべてみますと、出来栄えにはかなり差があることがわかります。

 

モバイルアプリの比較のポイントとしてはアプリを立ち上げてから売買にいたるまでのファンクションが少ないことが重要で、このファンクションが少なければ少ないほどモバイルに向いているアプリということができます。

 

一度インストールしてしっかりデモ取引なり小額の実際の取引なりで使ってみると使いやすいのかどうかは比較的簡単に判断することができますので、とにかく複数のアプリを使い比べて、その出来栄えをしっかりとチェックすることがとても大切です。

 

 

よくできたモバイルアプリならワンタッチで売買ができるようになっていますし、チャートなどの表示も実に細かく、使い勝手の高いものとなります。逆にできの悪いアプリになると売買までに手間がかかり時間を食うものとなってしまい、あきらかに操作性が低いことを感じさせます。

 

現状ではこうしたアプリの比較はとにかく使ってみること以外にはありませんので、ネット上でも評判のいい業者を複数社選択して比べてみるのがお勧めとなります。

 

外為オンラインのモバイルトレード

「外為オンライン」ではiPhone・Androidはもちろん各ガラパゴス携帯にも対応しています。

 

 

反応も割とよく、チャートもスムーズにスクロールできます。
テクニカルチャートは主要なもの「移動平均線」「EMA」「ボリンジャーバンド」「一目均衡表」「GMMA」などはボタン1つでデフォルトの期間設定も入るのでMT4などと比べてライトユーザーにも使用しやすい印象です。

 

>>FXは難しい?実は非常にシンプルです

↓左右にスワイプできます↓