FX 副収入

FX副業はマイナンバーでバレる?!

MENU

FX副業はマイナンバーでバレる?!

これから2016年に向けてFXで収入拡大を考えていくうえで気になるのがマイナンバー
これでFXは副業扱いで会社にバレてしまうのでしょうか?

 

結果としては従来通り「普通徴収で確定申告をしていれば、これまで同様にバレる可能性は低い」ということでした。

 

バレる先は勤め先ではなく税務署

マイナンバーは行政や自治体が税務徴収を適正化するものであり、最終的に所得を把握するのは税務署です。
そのため、マイナンバー制度が施行されても会社に副業や投資がバレることはありません。

 

勤務先にマイナンバーを伝達しますが、これは会社の経理や総務がマイナンバー付きで役所に書類を提出するためのものであり、
会社が役所や金融機関から資産情報を引き出すことはできません。

 

税務署に問い合わせたところ

 

「今まで普通徴収で副業所得の住民税は自分で支払っていたのですが、マイナンバーが導入されることで、会社へ副業がバレてしまうようなことはありますか?」

「マイナンバーは収入があるにも関わらず確定申告をしていない方に対して、課税を推進するものと考えていますので、マイナンバーが開始されることで副業が会社にバレてしまうということには繋がりません。また、これまで普通徴収をされているのであれば、改めてなにかをしていただくということもありません。」

 

このような回答でした。

 

副業バレはほとんどが「住民税」

 

大半の副業が発覚するケースとして一番は住民税です。

 

会社員の場合は住民税は毎月給与控除されます(特別徴収)、住民税は年間の所得に応じて計算されるため、副収入が多くなればなるほど勤務先から支払っている所得に対して不自然に多い住民税が発生した際に会社経理担当から怪しい目で見られるわけです。

 

このようなことにならないためには

 

住民税を普通徴収を選択し、確定申告することによって副業分の住民税だけ自分で納付する必要があります。

 

ただし、副収入が「アルバイト」などのものによる場合はこの方法が通用しないケースがあります。
本業も副業も同じ給与所得であるため、計算された後に特別徴収義務者である本業の会社にまとめて通知してしまうからです。

 

FXはこれからもサラリーマンやOLの方にも最適な副業です!

 

>>FXは難しい?実は非常にシンプルです

↓左右にスワイプできます↓